archive: 2009年08月  1/5

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

円高加速に要注意!日本買い継続なるか。夕方の欧州勢参入後から夜のNY市場でのテクニカル・通貨間の力関係変化に注目

No image

今日は朝のオープン時に円高方向へ大きく窓が開き、その後も午前中は各通貨円高方向へと動いていますね。総選挙で民主党が圧勝したことで円買いとなっているようで日経平均も年初来高値更新した後、今度は円高嫌気でマイナスに転じるなど朝から株式市場、為替相場ともに活発に動いています。個人的にも先週末まで本業の都合で忙しかったのですが今日からは通常通りに戻ったことや、先週末の記事で書いたようにドル円が加速したこと...

  •  0
  •  0

米・加雇用統計、RBA政策金利発表、ECB政策金利発表&トリシェ総裁記者会見等重要イベント目白押し!膠着からのブレイクなるか

No image

先週は前半から円が買われる流れが続いた一週間でしたが後半は通貨間の力関係も入り乱れる形で変化が多く出るなど全体的に混沌とした状況で引ける格好となりました。特に金曜はNY終値ベースの対円変動率が全体的に低めで最も強かったAUDで0.24%、続いてUSDが0.09%、GBPが0.08%、CHFが0.05%、EURが0.21%、NZDが-0.36%、CADが-0.41%と軒並み0.5%未満とかなり低い変動率になっています。また高値安値の対円変動率も1.6%未満で収まって...

  •  0
  •  0

来週はRBA&ECB政策金利発表、米国&カナダ雇用統計等重要イベント目白押し!膠着からのブレイクに注意

No image

金曜は各通貨とも上下動したもののNY終値ベースでの変動は少なく通貨間の力関係にもほとんど差がない状態で引けましたね。各通貨のNY終値ベースでの対円変動率を見てみても、最も強かったAUDで0.24%、続いてUSDが0.09%、GBPが0.08%、CHFが0.05%、EURが0.21%、NZDが-0.36%、CADが-0.41%と軒並み0.5%未満とかなり低い変動率になっています。また高値安値の対円変動率も1.6%未満で収まっていますし対円という意味では通貨間の力関係は...

  •  0
  •  0

米PCEコアデフレーター、ミ大消費者信頼感指数とNY市場のテクニカル変化に注目!力関係が大きく変化

No image

昨日は今週に入ってからの流れに大きく変化が出て通貨間の力関係にも大きな変化が出ましたね。水曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係はUSD>JPY>EUR>NZD>CHF>GBP>AUD>CADとなっていてドル、円が強いこと、カナダやポンドが弱めであることなどがポイントでした。この力関係が木曜オープンからクローズまでの間にAUD>CAD>NZD>CHF>JPY>EUR>GBP>USDとなっていてドルは最も強い位置から最も弱い位置に変化して...

  •  0
  •  0

要注意!円買い、ドル買いでクロス円テクニカル悪化。2QGDP・個人消費改定値、GDP価格指数、コアPCE等米指標目白押し

No image

昨日は全体的にドルの強さが目立った一日となりましたね。円もドルに続いて強い位置につけているためドル円はほぼ横ばいですがクロス円は各通貨とも値を下げて前日の流れを引き継いでおりそれぞれ短期テクニカルも下へ加速しています。また今日は午前中にも円が買われる動きが出ているだけに週末の相場でさらに加速していくかここで一旦止まるか、月末も近づいているだけに重要な週末となりそうですね。さて、では11時時点での各通...

  •  0
  •  0

米耐久財受注、新築住宅販売件数、週間原油在庫、5年債入札に注目!各通貨テクニカルはやや悪化

No image

昨日は月曜に比べて少し変動して円買いの流れも出るなど全体的に相場に変化が見られた一日でしたね。NY終値ベースの対円変動率もその状況を示していて月曜は最も大きい変動でも0.5%未満という状況でしたが昨日はカナダ円が-1.29%ほどの変動となっていますし高値安値の変動率も1.5%を越えるものが出てきています。また昨日は円が買われたことで力関係にも変化が出ており昨日オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係はJPY>CHF...

  •  0
  •  0

午前中は円高。夜にかけて加速も?米S&Pケースシラー住宅価格指数、消費者信頼感指数とNY市場のテクニカル変化に注目!

No image

昨日は全体的に変動の少ない一日となりましたね。ポンドが他と比べて少し動いたかなというところではあるもののポンド円の高値安値の変動率は1.2%ほどとなっていますしその他も1%前後と明確な方向性は出ずに引けています。またNY終値ベースの対円変動率もかなり低く、最も強かったCADが0.43%、続いてAUDが0.32%、USDが0.26%、NZDが0.22%、EURが-0.07%、CHFが-0.27%、GBPが-0.33%にとどまっているので今日はこの膠着状態から明確な...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。