為替見習のプロフィールと投資歴・ブログ歴など

プロフィール

名前:為替見習@投資家

元某電機メーカーのサラリーマン。

2001年から株式、2002年からFXを始めて資産運用を開始。
月100万を超えるペースで稼げるようになった2006年、会社を辞めて独立。
現在は法人化して不動産、仮想通貨にも投資しています。

この記事では投資歴やブログ歴、為替見習のネーミングなどについて詳しく書いています。


1. 為替見習の投資歴


株・FXから始めて独立後は不動産、仮想通貨へと投資対象を広げています。
サラリーマン時代はスロットも【投資】として攻略していましたが・・
これはなかなか投資と認めてもらえないので省略するとしてw

この投資歴の変遷には、【脱サラ→投資起業】というサラリーマン時代の計画が大きく関わっています。


 

1.1 【株・FX】 会社をやめて独立するまで



初の投資は2001年の株式市場から。それまで経済や金融のことなんて全く興味がなかったのですが、2000年頃から会社のリストラが本格化。自分の世代は関係無かったものの、年金問題も出てくる中で会社の先輩方がさらされた状況を見て「大企業でもヤバい」と実感。

そこへITバブルの崩壊とともに日銀による量的緩和が導入されゼロ金利へ。「聖域なき構造改革」という小泉政権にちょっとだけ期待しながらも、「自分で年金分程度のお金を産みだして、会社や社会に振り回されないような人生を送りたい」と思い立ち情報収集に励みました。

そんな時に出会ったのが【株とFX】。

当時まだ黎明期だったFXは今と違って怪しさ満点だったので毎日帰宅後猛勉強して情報収集。1998年にスタートしたFX業界は当時まだドル円のスプレッドが5銭。これで最も低コストだったわけで今からすると笑えますね。

一方で株は既に個人投資家も多くいたことから半分利益狙い、半分優待狙いでとりあえずやってみることにしました。だいたい半年ぐらいは平日睡眠3,4時間、土日にまとめて寝るみたいな生活でしたが、このときの勉強は今でもやって良かったなと思います。

2002年に入りIT需要の回復やアメリカ経済の回復で日本の景気も穏やかながら回復。この時点で株に含み益が安定して出てきたのでFXに参入。しかし最初から変動の大きいポンドに手を出した挙げ句大暴落を2度経験し一気に500万が消え去り鬱状態に。

FXで大失敗


ただ元々会社でデータ分析などをやっていたこともあって、損失が出た取引の内容や自分の取引方法を日々修正。その繰り返しで取引手法や予想方法、資金管理などの研究と検証を続けた結果、2003年以降年間収支は毎年プラスになっています。(※1)

※1:ブログ執筆後の取引成績について
・FXの月間利益・年間利益まとめ


また失敗の研究・取引手法の検証過程で【脱サラ→投資起業】計画(※2)をたて、その計画に従って行動した結果2006年に投資起業という形で独立し、法人化(※3)することができました。

※2:脱サラ→投資起業計画の詳細はこちら
・平凡なサラリーマンが、【月100万】安定して稼ぐための最短方法を考えてみた

※3:投資起業と法人化について
・当初月6万円だったのが、5年で月200万を超えました。いよいよ独立します。

 脱サラして独立

 

1.2 【不動産投資】 独立後の地盤固め



独立後は今までの人生で一番緊張感があった時代です。
サラリーマン時代は給与という超絶強力な経済的土台がありました。

しかし独立したら全ては自分の力次第。稼がないと生活できません。この緊張感の中FXの手法をさらに磨いて安定感を出すとともに、リスクを少し軽減してミドルリターンを狙うべく不動産投資に参入しました。投資起業計画でも既に想定していましたが、仮にFXで損失が大きく出る月があったとしても、別の収益源があればより安心感が増すだろうという考えからです。

ここでも最初はひたすら勉強です。買った書籍は軽く30冊(※4)を超え、不動産業界の方に知り合いがいる人を見つけては会いに行き、さらに賃貸情報や売買情報を見ては顧客として不動産屋に通ったりしました。

※4:役に立った不動産書籍について
・怪しさ満点の不動産業界。不動産を買う前に読むべき書籍10選


不動産投資でも、大手業者に明らかにナメられてるなという対応を受けたり、なんでこんな不動産屋が存在してるんだ・・というぐらい腹が立つこともありましたが、最終的にとても良い形でタッグを組んでくれる不動産屋がみつかり、今ではアパート一棟、マンションの区分所有一部屋、賃貸用一軒家を一軒保有して運用しています。


 

1.3 【仮想通貨投資】 新分野開拓 ←NEW!



仮想通貨はFXの黎明期に似た怪しさと期待感を持たせるものだなと感じていたため、日本でも比較的早い段階で参入した方だと思います。(※5) おかげで中国のビットコイン規制の影響やマウントゴックス事件の際にも大量の冷や汗をかくことができましたw

※5:仮想通貨への参入について
・仮想通貨は絶対稼げる余地がある。早速参入します。


仮想通貨の今後に関しては仮想通貨予想記事で日々更新していますが、株やFX以上に値動きが激しいため今から参入するのであれば短期投資のほうが安全性は高いかもしれませんね。

長期保有では暴落時に精神面で耐えきれなくなる人を見てきましたし、業者の事件など今後もまだ起こる可能性がありそうなので、ハイリスクハイリターンの投資商品だと捉えています。

しかし、ハイリスクなものをミドルリスクに、ミドルリスクのものをローリスクに持っていく方法は、FX投資において随分検証して実践済みなので、その手法をいかせば仮想通貨投資はしっかり利益を出していけると考えていますし、初心者でもそのポイントを抑えれば安全に参入できる余地があるとも感じています。


2. 為替見習のブログ歴



FXブログは2006年4月に開設。FX取引においては恥ずかしいぐらい失敗を重ねてきていましたが、それを修正することで安定した利益が出せるようになったという自負もありました。

そのためこれからFXを始めたいと思っている方が、そんな失敗をあらかじめ回避できたら良いな、自分の失敗の修正談が誰かの役に立てば良いなと思ってスタート。2018年で13年目に突入しました。時間が経つのは早いです。


 

2.1 ブログの基本方針



ブログの基本方針は

誰でも投資で経済的自由を獲得できるように導くこと」

これにつきます。初心者であっても経験者であっても、FXや仮想通貨取引では必ず失敗する場面が出てくると思います。投資に限らず人生では良いときもあれば悪い時もあります。

そんなとき「為替見習はこんな失敗したんだ」「この失敗からこうやって立ち直ったんだ」「こんな相場パターンではこういう取引方法が有効なんだ」「まだこの部分を修正すれば稼げる余地があるな」なんてことを感じてもらえるブログを作っていきたいなと。なんせ自分が大損失を出した時にはまだそういうブログが無かったので・・・鬱になるしかなかったわけですw

そのためブログの内容は、失敗から学んだことやFXノートに書いている分析、取引手法、予想方法、チャート活用法、資金管理やリスクに対する備え、メンタル面のトレーニング、FXの税金や確定申告の方法、そして取引手法の研究や検証などを中心に書いています。

為替ノート


またFXを始めた当初そもそもFXって何だろう?と思って困った経験があり、初歩的すぎるけど今更誰にも聞けない、みたいなことも情報を補強していければと思っていて、ブログ開設当初に書いた「FXとは?」という記事も内容を更新しています。

FXとは?FX投資をするメリットやデメリットを、改めて考えてみた

 

2.2 「為替見習」というネーミングについて



「10年以上FXの経験があるのに、なぜ見習なの?」

会った人やブログで交流がある人に良く聞かれます。これには大損失からの鬱経験が影響しています。

幸いにして2003年以降毎年安定してプラスで終えられているもののFXの世界は思いもしないことが突然起こる世界です。 「まさか!」上り坂、下り坂、魔坂のマサカですね。


油断したら一瞬で奈落の底に落とされるのが為替相場だというのを身をもって経験したので、凡人の自分が過信してしまったら終わりだと言い聞かせるためにも「見習」と自称することにしました。成功すると浮き足立つ性格でもあるので、常に目に触れる場所に戒めるものを置いておかないといけないのですw

今でも日々FXノートや仮想通貨ノートをつけて反省点を修正して改善するようにしているのも同じ理由です。パソコン上に記録しても良いのですが、物理的に手で触って、ペンで記録するということで自分を戒めているわけです。調子に乗るなよ、自分、と。


でも今までFXや仮想通貨で取引してきて、毎日ノートをつけていて断言できることがあります。それは日々の細かい分析や小さな失敗の発見と修正を繰り返し、研究と検証を重ねていけば「稼ぎまくる」とはいかなくても「安定的に利益を積み上げる」「負けない取引を続ける」ということは絶対にできます

このような考えから、自分に驕りを持たないためにも「見習」の気持ちを忘れず相場に対峙しようとこのネーミングにしました。

 

2.3 ナポリで強盗に襲われる。音声入力するハメに・・・orz ←NEW!



2017年5月から、世界情勢を肌で感じるべく日本を出て海外へ情報収集の旅に出ています。そのため11年間毎日続けてきた「今日の為替予想」のほかブログ執筆を一時休止。(取引は日々続行中)

手始めに中国、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、インド、UAEとアジアから中東まで進出。そして次は欧州へと考えてイタリアへ渡ったのですが、ナポリ駅前でなんと強盗に遭遇。

遭遇といっても後ろから二人乗りバイクで走ってきて、斜めがけしていたバッグごと引きずられたところまでは記憶があるんですが、その後は気がついたら病院だったので今でも襲われた瞬間以外はあまり思い出せません。

しかしこの病院で、驚くべき出会いがありました。

イタリアは勿論ヨーロッパ全体、もしかしたら世界経済に影響を与えているのではという規模の大企業グループの、創業者一族の方とひょんな事から仲良くなってしまったのです。

それから約1ヶ月ナポリで入院している間、その方から経済や投資、そして生き方に至るまで色々と参考になるお話を聞くことができたので、怪我の功名というか厄転じて福となすというか、あの二人組の強盗にはある意味感謝です。

その後日本に帰国して日本で入院生活を送ってきましたが、ようやくリハビリが進んで右腕以外はある程度まともに動くようになったので、ブログを再び書き始めたというところです。

ただ腕が動きにくいので音声入力を使っており、それゆえ以前のように毎日の為替予想をアップするのは相当な労力。なのでこちらは有料という形を取らせていただいて、ブログでは取引手法やコツ、ノウハウなどを中心に過去記事を補強したり、最新の情報に更新していくなどの作業をしています。

こんな感じでやってますが、平凡なサラリーマンでも地道にコツコツ計画をたてていけば、投資で経済的自由を獲得することは可能です。皆さんもぜひFXや仮想通貨、不動産投資など複数の手段があることを頭に入れてやってみてください。

腹立つ上司やパワハラまがいの取引先がいる方は、投資起業で見返してやりましょうw 会社にしがみついている嫌な上司を、一気にゴボウ抜きする気分は爽快ですよ。

もちろん会社員の副業としても投資は有効なので、会社生活が上手くいってる方は副業程度で・・(^^;)


3. ブログへのリンク、閲覧の注意点等



個人が趣味でやっているブログとはいえ色々なことがありました。記事の内容をパクられた件、意味不明な脅迫があって警察と弁護士が動いて騒動になった件、取引手法をパクられて商材として出された件などなど・・・

12年もやってればこういうこともあるわな、と思うわけですが、そんなことがあったため警察とか弁護士、管理会社から「ブログ閲覧時の注意点を書いとけ」と言われるので一応書いておきますw


今でも記事の内容をほぼ真似したようなブログや、画像までそのまま使うブログなど色々と存在しているのを管理会社がチェックしてくれていますが、取引する上では参考になるところはそのまま手法を真似していただいても良いと思っています。でもブログとかで「自分が考え出した!」みたいな盗用はやらないでね、という感じですね。

ブログのご利用について
ブログ内で使う用語について
ブログ記事が盗用されていた件について


普通に読んでもらう分には特に気にしていただくことはありません。またFXブログへのリンクも自由です。SNSなどでリンクを貼って情報共有してもらったりするのも自由です。そうやってこのブログがまだ知らない誰かの役に立てば嬉しいなと思います。


初回記事公開日:2006年4月1日

0 Comments

Leave a comment